-外側上顆炎(テニス肘) | 品川大崎 鍼灸マッサージ整体 手ごころ治療室

外側上顆炎(テニス肘)

症状

掌を下にして物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。

日常生活で生じる場合は30歳~50歳代の女性に多く、テニスのバックハンドにより発症する場合もあるのでテニス肘と言われています。
しかし、労働やパソコン、スマートフォンの使い過ぎで発症する人も多いです。

原因

姿勢不良や、間違った体の使い方によって、肘の外側に付いている筋肉の使い過ぎにより牽引力がかかり痛みが生じると言われています。

治療法

筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、姿勢や間違った体の使い方を変えていき、患部にストレスのかからない体づくりをしていきます。

それに加えて、物を持つときに掌を上に向けて持つなどの日常生活のアドバイスをしていきます。


お気軽にご相談ください!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付 ネット予約はこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-20-4 菱和パレス大崎駅前204号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜(その他、勉強会などで不定期にお休みをいただく場合がございます)

ご予約について

当院は完全予約制となっております

施術中、往診中、受付時間外はお電話がつながりにくくなっております。
お手数ですが、留守番電話にメッセージを残していただくか、インターネット予約システム(24時間受付)にてご予約をお願いいたします。