-半月板損傷 | 品川大崎 鍼灸マッサージ整体 手ごころ治療室

半月板損傷

症状

半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨との間にあるC型をした軟骨の板で内側・外側にあり、クッションの役割を果たしています。
半月板が損傷すると、階段昇降やしゃがみ込み動作などの運動時に生じる痛みや、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じます。

ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなるロッキングという状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

原因

スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に繰り返し外力が加わって損傷する場合とがあります。

前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。
半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

治療方法

スポーツなどの外傷によるものでは安静や固定、アイシングをして腫脹や痛みの軽減を目指していきます。

繰り返しの外力により痛みが出ている場合は、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、悪い体の使い方を変えていくエクササイズを行い、半月板にストレスのかからない体づくりをしていきます。


お気軽にご相談ください!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付 ネット予約はこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-20-4 菱和パレス大崎駅前204号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜(その他、勉強会などで不定期にお休みをいただく場合がございます)

ご予約について

当院は完全予約制となっております

施術中、往診中、受付時間外はお電話がつながりにくくなっております。
お手数ですが、留守番電話にメッセージを残していただくか、インターネット予約システム(24時間受付)にてご予約をお願いいたします。