- 肩関節周囲炎・四十肩・五十肩

肩関節周囲炎・四十肩・五十肩

症状

急に腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するのが肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の発症パターンです。片側のみに症状があらわれるのが特徴です。
その後、肩を動かすときに、痛みが二の腕や手先に伝わるようになります。
しびれをともなうこともあり、眠れないほど痛みが出ることも多いです。

急性期の痛みが治まるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなります。

特に肩を上げたり、後ろに回す動作が困難になります。
これを拘縮(こうしゅく)といいます。

痛みにより肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに動かなくなって治癒が長引きます。

原因

肩関節周囲炎の原因は、はっきりと解明されていませんが、加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

治療法

当院では、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節包などの軟部組織の柔軟性を鍼や関節運動法により改善させ、関節の動きが正常に近づけるように調整します。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-20-4 菱和パレス大崎駅前204号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

不定休

ご予約について

当院は完全予約制となっております

施術中、往診中、受付時間外はお電話がつながりにくくなっております。
お手数ですが、留守番電話にメッセージを残していただくか、インターネット予約システム(24時間受付)にてご予約をお願いいたします。