- 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

症状

主な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまりなく、安静にしていると症状は出ませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝にシビレや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、前かがみになったり、腰かけたりするとシビレや痛みなどの症状は軽減されます。
進行すると、下肢の力が低下したり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、尿が漏れる事もあります。

原因

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は脊髄の神経が通るトンネルです。
年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなって(狭窄)、それにより神経が圧迫されて神経への血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、姿勢の影響を受けていると考えられます。

治療法

姿勢との影響も強いと考えられるため、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、姿勢や間違った体の使い方を変えていき、患部にストレスのかからない体づくりをしていきます。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-20-4 菱和パレス大崎駅前204号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

不定休

ご予約について

当院は完全予約制となっております

施術中、往診中、受付時間外はお電話がつながりにくくなっております。
お手数ですが、留守番電話にメッセージを残していただくか、インターネット予約システム(24時間受付)にてご予約をお願いいたします。