- 眼精疲労(目の疲れ)

眼精疲労(目の疲れ)

眼精疲労とは視作業を続けることにより容易に眼が疲れ、視力減退・複視・眼痛・頭痛などを訴え、ときには悪心・嘔吐をも起こすような状態です。

健常者でも近見作業の程度、持続時間、環境により眼の疲れを起こし得るが、健常者では疲労しない程度の眼の使用でも眼が疲れるものを病的とします。
しかし最近では過度の視作業(VDT作業など)による眼精疲労を訴える患者が増えてきています。

東洋医学では、「肝労」(五労の1つ)に相当すると考えられています。
肝血が虚することにより、目を十分に栄養できなくなり、眼精疲労が起こりやすくなると考えられています。

眼精疲労の種類

①調節性眼精疲労:調節異常(老視、調節衰弱など)、屈折異常(遠視、乱視など)や不適切な眼鏡矯正など。

②筋性眼精疲労:眼位異常(斜位、斜視、眼筋麻痺)や軸輳異常。

③症候性眼精疲労:結膜炎、角膜炎、開放性角緑内障の初期などの眼疾患。

④不等像性眼精疲労:不等像視。

⑤その他:神経性眼精疲労など:神経衰弱やヒステリーなど、また糖尿病や低血圧など。全身疲労に伴います。

注庶を要するもの

症状

①初期には、しばしば眼精疲労を訴えますが、しだいに進行の緩徐な視力障害や視野の狭窄が生じます。(原発開放隅角緑内障)
②眼精疲労・異物感・掻痒感などの自覚症状を根強く訴え、特に夕方になると強く感じることが多いです(慢性結膜炎)。
③遠近の視作業の別なく生じ、特に起床時から午前中に苦しく、昼から夕方は楽になります。

所見

慢性結膜炎では一般に起床時に眼脂を訴え、結膜には充血をみますが、ときにほとんど結膜所見を欠くことがあります。

適応となるもの

健常者の調節機能低下による眼精疲労が適応となりますが、下記の疾患に対症的に治療して、眼精疲労症状の改善が期待できることがあります。

特に夕方になると強く感じる(低血圧症、更年期障害などによる全身疲労性眼精疲労)
疲れると物が二重にみえる(斜位、輻輳不全などの筋性眼精疲労)
疲れるとぼやけてみえる(乱視、遠視などの調節性眼精疲労)

健常者の調節機能低下による眼縮疲労

病態

近業の程度・持続時間・環境の過酷な条件下での視作業(VDT作業など)での毛様体筋の疲労などによる眼の調節機能低下から眼精疲労が生じます。

症状

疲れると物がぼやけてみえ、近距離視力の減退を訴えることが多い。
また、眼痛や前頭部の圧迫感が生じ、ひどくなると悪心・嘔吐を起こすことがあります。

所見

疲労時には調節機能の異常や屈折異常(視力低下)がみられます。
眼位、視野、眼圧の異常はみられません。

治療方針

眼球の調節機能の改善、眼の周囲および後頚部の筋緊張、圧痛、硬結などの軽減をはかります。

施術例

後頚部、ことに僧帽筋起始部の天柱から胸鎖乳突筋停止部(天容、天窓、扶突、兪府、気舎など)にかけて、軽擦法、母指揉捏法や指頭で圧迫法を行ないます。

次に眼の周囲(睛明、攅竹、瞳子・、承泣、太陽など)を指頭で入念に軽擦法、揉捏法、圧迫法を行なった後、頚部、肩背部に一般的な施術を行います。
ネーゲリーの伸頭法も効果があります。

蒸しタオル

蒸しタオルで目を温めると目が楽になると経験的に言われていますが、蒸しタオルを使用して心地よい温度とされる約40℃で目を温めると、実際にVDT作業で低下したピント調節力が改善することやドライアイが改善することも、科学的に実証されています。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-20-4 菱和パレス大崎駅前204号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

不定休

ご予約について

当院は完全予約制となっております

施術中、往診中、受付時間外はお電話がつながりにくくなっております。
お手数ですが、留守番電話にメッセージを残していただくか、インターネット予約システム(24時間受付)にてご予約をお願いいたします。